登米高ブログ

2016年12月の記事一覧

3年生日本史Bで登米伊達家を拝見しました。

12月19日(月)の4校時に3年生の日本史Bを履修する生徒が,登米伊達家第16代当主である伊達宗弘先生のご案内の下,登米伊達家に伝わる品々と登米伊達家第4代である伊達宗倫を祀った旧覚乗寺高台院霊屋(きゅうかくじょうじこうだいいんれいおく)を拝見しました。

「日本史の授業で学んだことと照らし合わせながら見学できました。」
「歴史を学ぶ上で現物を見ることの大切さにも気づくことができました。」
「伊達家の歴史を実際に自分の目で見ることができ嬉しく思いました。このような歴史ある町の高校で学習できることは,とても幸せなことだと実感しました。」
「次の世代の人たちにも伝えていかなければならないくらい大事だと思いました。」
「登米小学校の校歌にも先人たちの苦労が込められていたと知り,とても驚きました。とても歴史の詰まった校歌を歌えていたことを誇りに思います。」

という生徒の感想も寄せられました。
お世話になりました伊達様,本当にありがとうございました。
  

3年生日本史Bで教育資料館を見学しました。

12月14日(水)の5校時に3年生の日本史Bを履修する生徒が,登米町に残る歴史的建造物の一つである教育資料館を見学しました。
少し寒い中ではありましたが,明治時代に建築された校舎や展示を拝見することで,地域の歴史や教育の変遷について理解を深める機会となりました。「最初は小学校のみの展示資料かと思ったけれども,鉄道や登米市の祭りについても展示されており,予想以上に深く学ぶことができた。」という生徒の感想も寄せられました。
お世話になりました教育資料館の皆様,ありがとうございました。
  

登米小学校での読み聞かせ活動(4回目)

12月16日(金)朝の読書時間,登米小学校での読み聞かせに行ってきました。使用絵本は「おじさんのかさ」と「おまえうまそうだな」です。1年生と2年生,ともに真剣に聞いてくれました。今年の読み聞かせも4回目になりました。
 

第2回先輩に聞く

12月15日(木),LHRの時間を利用し,「先輩に聞く」という進路行事を行いました。
修学旅行から帰ってきて心機一転,今度は進路達成に向けて今まで以上に真剣に考えて行かなくてはなりません。今回は,10名の3年生の先輩から,希望進路をいかに達成することができたか・そのためにどのような努力を重ねたか,などの話を聞きました。自分たちもいずれは通る道のこと。集中し,講話に聞き入っていました。